結婚している女性が不倫にのめり込むケース

結婚している女性が不倫にのめり込む場合、その理由についてはある程度男性と重なるところがあります。第一に、家庭内がしっくりいっていないケースでしょう。当然ですが、夫婦のスキンシップや性行為はなく家庭内の雰囲気も疎遠な感じになってしまっていることがよくあります。

家庭内の雰囲気は決して悪くはないけれど、性的な行為がなく女性が欲求不満ということも少なくありません。配偶者の夫から性行為を求められず、女性としての魅力に自信を失って不満を感じ、大切に扱って欲しいという願望が生まれているケースです。

性行為がないことで強い不満感じている既婚女性の場合、刺激を求めて不倫に溺れてしまいます。
性的な満足感を得るだけならまだしも、相手の男性に魅力的だと言ってもらった場合や性行為を求められることで目の前の男性に走ってしまうと危険な深みに入り込んでしまいます。

始まりは体だけの関係であったとしても、自分を無視し続ける夫と比較して自分を求める男性に特別な感情を抱いてしまうのは、女性には欲求不満の解決だけではなく性行為=愛の表現ととらえてしまう傾向があるからに他なりません。

関連記事

  1. 浮気は病気という考え方

  2. 男女ともにある不倫願望と実際に不倫をする人の特徴とは

  3. 浮気調査の目的をはっきりさせることが重要!「別れる?」「修復?」

  4. やめられない不倫の理由とそこから抜け出すにはどうすべきか

  5. 子どもたちのことを考えると離婚に踏み切れない

  6. 浮気に悩む人が焦って浮気調査を依頼して失敗する理由はコレ!