浮気調査を自分でするのはリスクが高すぎる

恋人や配偶者の浮気を確認するためにご自分で行動してしまう方がいらっしゃいますが、とてもリスクが高い行為なのでオススメできません。探偵社に依頼するとお金がかかるのは事実ですが、素人の方は知らない間に法律に抵触してしまう虞もあるので危険です。

浮気調査を依頼するのはなんとなく後ろめたいという方もいらっしゃいますが、ご自分で違法行為を犯してしまうほうが大変なことです。

相手に非があるのにも関わらず、ご自分が加害者となって非難されてしまうような事態だけは避けなければいけません。当事者が動くとターゲットにも勘付かれやすいですし、警戒されて真実が遠のく虞もあるので、最初から第三者に任せるのが正解です。

また、ご自分で苦労して集めた証拠も、法的には効力がない場合もあり得ます。たとえば最終的に離婚裁判が必要となる場合に、調査精度の低い資料では無意味になってしまいます。
何より、当事者の方が調査中、終始冷静に調査が行えることはほぼありません。正しい事実を知って正しく判断するためにも、味方を作るほうが賢明です。

自分で浮気相手のことを調べるのはリスクが付き物です


夫が浮気している場合、直接夫に問いただして浮気相手のことを調べるという方もいます。夫から直接、浮気相手のことを聞き出すのは手っ取り早い方法ですが、リスクも伴うのでオススメできません。

無理に夫から浮気相手の情報を得ようとすると言い逃れされてしまったり、自白しないというケースも考えられます。このような状態で浮気の証拠を集めることができなければ慰謝料の請求をすることもできなくなってしまうでしょう。また、無理に夫を問い詰めたことで、夫婦関係が悪化してしまうこともあります。

慰謝料を取ることができないまま離婚になってしまうと浮気された側は納得することはできません。こんなトラブルを避けるためには、プロの探偵の力を借りることが一番です。
浮気相手のことが何も分からない状態であっても探偵の力を借りれば、尾行や張り込みを行い浮気相手の名前や住所、電話番号を調べることができます。高確率で浮気相手の情報が得られるので、自分で調べるよりトラブルがないといえます。

関連記事

  1. まさか浮気?怪しい行動から証拠集めのポイントまで

  2. 慌てないことも浮気調査では大事です

  3. 浮気が判明した際のゴール設定

  4. 浮気調査を探偵事務所に依頼したメリット

  5. 夫も憎いが浮気相手はもっと憎いのが本音

  6. 携帯電話の使い方に変化が見られたら注意