東京・大阪・名古屋で旦那,妻,彼氏,彼女の浮気・不倫調査!格安で口コミがよい探偵事務所や興信所を紹介。探偵や興信所の口コミ・比較も簡単!

  1. 探偵事務所の選び方
  2. 89 view

浮気調査の費用はどのくらい?費用を抑える方法がある

パートナーの浮気を疑った時に、相手に浮気を詰め寄りますか?それともまずは証拠をつかみますか?既婚者の浮気・不倫は不貞行為となり、慰謝料請求や離婚事由になります。
しかし、疑わしきは罰せずとも言われるように、疑惑だけでそれらの責任を負わせることはできません。そこで必要になるのが浮気をしたという証拠です。

調査を探偵に依頼する理由とは


浮気調査と聞くと探偵を思い浮かべますが、調査自体は個人で行うこともできます。しかし、経験や時間の制限によって充分な証拠を得られる可能性は低く、パートナーに浮気調査をしていることがバレてしまうこともあるでしょう。
満足のいく制裁を与えるために重要なのは効率よくスムーズに調査を行うこと、そして、「法的な効力を持つ証拠」をつかむことです。浮気調査に探偵を雇う一番の理由は、法的効力を持つ証拠の確保です。

不貞行為のトラブル解決のためには、まず当事者同士(夫・妻・浮気相手)での話し合いを行います。それがうまくいかない場合は調停となり、それでも成立しない場合は裁判という運びになるでしょう。話し合いの段階では必ずしも証拠が必要なわけではなく、相手が浮気の事実を認めて離婚なり慰謝料に応じれば問題は解決されます。
しかし調停や裁判になると、裁判所の調停委員などが介入してくるので第三者が見ても不貞行為を働いたということが分かる証拠でなくてはいけませんし、証拠の内容によって法的にどう扱うのかが変わってきます。そのために探偵に浮気調査を依頼するのです。

そもそも浮気調査を行う目的は、浮気の事実確認をしたい、離婚を有利にすすめたい、パートナーと浮気相手に慰謝料を請求したい、浮気相手と別れさせたいなど人によって変わります。通常、浮気調査をするとなれば離婚や慰謝料請求が目的だと思われがちですが、実は復縁目的で調査を依頼する方も少なくはありません。どのような目的があっても浮気調査でつかんだ証拠は高い確率で望んだ結果をもたらしてくれるでしょう。

調査にかかる費用は?


ここで気になってくるのが、探偵に浮気調査を依頼した時にかかる費用です。調査費用にはバラ付きがあり20万円で済んだという人もいれば、100万円以上かかったという人もいます。

費用が高額になるのは探偵ごとの料金形態の違いもありますが、「調査のハードルが高い」「調査に時間がかかった」などが主な理由として挙げられます。浮気調査の費用内訳には着手金、人件費、成功報酬、経費、手数料などがあります。
このうち費用に影響してくるのは人件費と調査時間です。一般的には2人体制で調査を行います。人件費相場は調査員一人当たり1時間1万円、平均調査時間は1日で3時間、調査期間は3日~7日前後が目安です。そのため1日の人件費は6万円が平均となり、3日で18万円の費用がかかります。

料金システムを確認しておこう


実際の料金形態は「時間料金システム」「パック料金システム」「成功報酬システム」の主に3つがあります。多くは時間料金システムとなっており、「人件費×調査時間」となっています。分かりやすいシステムですが、このほかに着手金や経費などがかかってくることが多いので、費用が高くつくケースも少なくありません。
パック料金システムは、「人件費+時間+その他費用」が決められています。料金が決まっているので費用の心配がありませんが、パック料金内で調査が完了しなければ調査の延長を行うことも検討しなければなりません。
また、早く調査が終了した場合でもパック料金満額を払う必要があります。成功報酬システムは、調査が成功した時のみ費用を払います。ただし、失敗の基準は相手にバレずに調査を完了したかなので、浮気をしていなかったという証拠が取れても成功とみなされます。

浮気調査の費用を削減する方法


探偵の浮気調査費用がどのように発生するのか分かれば、おのずと費用を安くする方法も見えてくるでしょう。いかに調査期間を短くできるかによって調査費用は削減できます。調査期間短縮のためには浮気調査に自ら参加することです。

参加と言っても尾行や張り込みをするわけではなく、浮気の情報を探偵に提供することに協力します。たとえば浮気をしていると思われる期間、浮気をしている可能性が高い日時、浮気に使っている交通手段、浮気をしていそうな現場、また、分かっているのなら相手の情報も提供します。

こうした情報があれば尾行や張り込みを効率よく行うことができるので、スムーズな証拠が確保できます。情報収集には日頃の行動をチェックし、スマホ・レシート・カーナビ履歴・ポイントカードなどを確認してみるといいでしょう。ただしパートナーに浮気を疑っていることが知られてしまうと証拠を隠されてしまうので、無理のない範囲で行うことが重要です。

まとめ


探偵は数多くいますが、質は様々です。どの探偵でも同じではないので、有力な調査をしてもらうためには、複数の探偵に相談して見積もりを出してもらうことです。その上で、自分で納得のいく探偵に依頼しましょう。

探偵事務所の選び方の最近記事

  1. 浮気調査を自分でするのはリスクが高すぎる

  2. 弁護士のところに相談しに行く前に行うこと

  3. 探偵の調査方法は主に三つあります

  4. 探偵社の浮気調査の料金設定は3種類

  5. 弁護士が運営する探偵社が存在します

関連記事

PAGE TOP