浮気をした時のパートナーの行動の変化

浮気をしているかどうか、パートナーの行動の変化で多少分かるといわれているため、参考にしてください。普段の行動パターンと明らかに違う行動をしている場合や、違和感を感じる行動をしている場合には注意が必要です。

例として、突然残業が増える場合や、出張・早朝出勤が増える場合には、仕事で大きなプロジェクトを任されている可能性もありますが、浮気をしている可能性も少なくないため、注意してください。

嘘をついていることが多い人の場合、目を合わせることに対して潜在意識で恐怖心を抱くことが多いため、朝の挨拶から目をそらさないことが多いといわれています。

パートナーと朝会ったときに挨拶で目を見るタイプだった人が、そらすようになったら注意が必要です。挨拶を全くしなくなった場合には倦怠期ではなく、浮気相手に心が奪われているため、今のパートナーをなおざりにする傾向が高いので、調査をすることも考えてください。

ただし、シャイな性格で元々目を見て話せないという人であれば、問題ありません。性交渉が減少あるいは全くなくなった場合や、誘ってもあまり乗り気ではない場合も注意が必要です。年齢による疲労だけではなく、浮気をしているため性欲がない可能性もあります。

関連記事

  1. 浮気調査の費用はどのくらい?費用を抑える方法がある

  2. 妻の浮気が離婚の原因となった場合に納得いかない事は

  3. 弁護士のところに相談しに行く前に行うこと

  4. 浮気が判明した際のゴール設定

  5. 張り込み捜査の費用の目安は1時間当たりの単価です

  6. 男女ともにある不倫願望と実際に不倫をする人の特徴とは