浮気が判明した際のゴール設定

夫の浮気が判明した場合、妻としてどこにゴールを設定するかが大事です。子どもがまだ小さいのであれば、子どものことを最優先に考え、二度と浮気をしないようにきつく夫を絞り上げることも一つの解決策でしょう。

この場合は、夫も人の子だから、時には間違いを犯すこともある、ただし許すのは一度だけと十分に言い聞かせて、二度と浮気をしないように釘をさして夫婦関係の修復をはかるという選択肢です。

もう一つは、絶対に許せないという場合、離婚をする時に有利に交渉を進めていくことを考えておくのも重要になります。浮気現場をしっかり捉えた写真などがあれば、客観的に見て夫の一方的な浮気により家庭が崩壊したとして、責任のほとんどが夫によるものと判断されるでしょう。

子どもがいたとしても、養育費を払うようにさせれば、もう顔も見たくない夫と別れ、新たな人生を早く歩み出すことができます。どちらが正しい選択肢なのかは、人によって考え方が違うだけに慎重な判断が求められます。

関連記事

  1. 妻の浮気が離婚の原因となった場合に納得いかない事は

  2. 大切なパートナーの浮気現場に遭遇してしまった時の対処法

  3. 浮気は病気という考え方

  4. 浮気されたら別居で冷静さを取り戻す

  5. 浮気の予兆

  6. 男女でここまで違う浮気の境界線ランキング