法律で不倫がどのような扱い?

配偶者の不倫が分かり、心身ともにボロボロの状態になってしまう人は少なくありません。それほどの苦痛を受けているのだから、相手のしていることはとても悪いことだという人は多いはずです。

実際に、法律で不倫がどのような扱いになっているかを知っておくといざという時に役立つかもしれません。

一般に、不倫は法律上に配偶者がいる人が別の異性と恋愛関係に陥ることを指しています。広い意味ですと浮気も同義ですが、男女のどちらかが既婚者であるケースですと不倫関係、結婚とは無関係なのが浮気という位置づけが一般的でしょう。

不倫や浮気の線引きは人それぞれで微妙です。たとえば、自分以外の異性との食事からNGという人もいますし性的な関係になっていなければOKという人までさまざまです。

共通するのは、不倫という行為は裏切りだということです。人によっては、不倫は犯罪と考えるようです。では何が犯罪かというと、これはとても曖昧で難しいところです。犯罪に間違いないと思うものでも逮捕される行為にあたらないこともあり、逆に問題ないと思うことが犯罪だったということもあるのです。つまり、道徳的によくなくても犯罪ではないことも多いのです。

関連記事

  1. パートナーの浮気に悩む方にオススメ

  2. 慌てないことも浮気調査では大事です

  3. 浮気は病気という考え方

  4. パートナーの財布やポケットから出てきた怪しいレシートはどうする

  5. 結婚している女性が不倫にのめり込むケース

  6. 男女ともにある不倫願望と実際に不倫をする人の特徴とは