弁護士のところに相談しに行く前に行うこと

パートナーに浮気され離婚を考えている場合、相談先は弁護士だと思っている方が大半です。しかし、弁護士に相談する前に行わなければいけないことがあります。それは、浮気調査です。

浮気の証拠を集め不貞行為があったと認められなければ慰謝料を請求することはできません。よって浮気の証拠がない前に弁護士に相談してもすぐに問題を解決することはできないのです。おそらく浮気の証拠がない状態で弁護士のところに相談に行ってもまずは浮気の証拠を集めてきてくださいと言われるのがオチかもしれません。

浮気の証拠がない状態でパートナーや浮気相手を問い詰めても良い結果にはならないケースが多々あります。浮気の事実を突き止めてから話し合いの場を持つことでスムーズに問題解決につながることでしょう。

確固たる証拠があれば浮気相手からは、200万円ほどの慰謝料を請求することができると言われています。これだけの慰謝料を請求するには浮気の証拠が必要になるので、まずは浮気調査からスタートしましょう。

慰謝料を請求する際には浮気相手の情報が必要です


パートナーが浮気しているかもしれないと思っていても相手が誰だか全く分からずモヤモヤとした気持ちで過ごしているという方も多いのではないでしょうか。浮気の事実が分かればパートナーだけでなく浮気相手にも妥当な慰謝料を請求したいと思っている方もいるでしょう。

慰謝料を請求したいと思っても浮気相手が誰なのか分からず連絡を取ることができなければ、いつまで経っても問題を解決することはできません。慰謝料を請求するためには、浮気相手の個人情報を得ることが必要です。

たとえば、浮気相手の名前や住所、勤務先などです。その理由として浮気相手に慰謝料を請求する場合は、通知書を郵送しなければいけないからです。そこで、個人情報を調べる際に強い味方になってくれるのが、探偵です。

探偵に浮気調査を頼めば浮気相手の情報を調べてくれるだけでなく、浮気の証拠も集めてくれます。探偵が集めた浮気調査の結果をもとに弁護士が慰謝料請求を手伝ってくれるので、浮気相手の情報を集めたい時には探偵に相談してみましょう。

関連記事

  1. 浮気をされても自分自身についてよく考えてみる絶好のチャンスと考えて!

  2. 浮気しやすい職業はコレ

  3. 浮気を避けるためのポイントは?

  4. 夫も憎いが浮気相手はもっと憎いのが本音

  5. 50代男性の不倫はなぜ増えているのかという疑問

  6. 妻が浮気をしないように行動するポイントとは