妻の浮気が離婚の原因となった場合に納得いかない事は

法律においては、離婚の申し立てをできるのは婚姻生活を破綻せしめる原因を作られた方にあります。浮気をして結婚生活が成り立たないようにしてしまった側には、離婚を申し立てる権利は認められません。

一般的には夫が浮気をしたことによって婚姻生活に破綻を来し、離婚となった場合、妻が慰謝料や財産の半分を請求するとともに、子供がいれば成人するまでの養育費を求められることが大半です。

実際には決められた養育費を支払わない夫も存在しますが、たいていは別れた妻の元へ一緒について行った子供が成人するまで、夫は養育費を払い続けることになります。

養育費の金額は収入によって異なりますが、2~6万円程度のお金を毎月、子供が成人するまで支払います。それだけでなく、持ち家であれば妻に半分を渡さなければならないことから、家も売り払ってお金に換えなければならず、預貯金などもいくらか渡す必要があります。

慰謝料は別途支払うことになり、家もお金も、そして子供も失うという大きな代償を払うのが、浮気によって離婚となった男性に待ち受けている末路です。まだ仕事が残っていればいいですが、仕事も失ってしまったとなると、かなりの辛酸をなめることになってしまいます。

妻が浮気をした場合はどうなるのか


夫が浮気をした結果、離婚という結論にいたり、子供の養育費を払うことになるのは納得がいきますが、妻が浮気をして離婚の原因を作ったのに子供が妻について行った時、夫として子供の養育費はどのようになるのでしょうか。

その理解のためには、そもそも養育費とはどういうお金なのかを知る必要があります養育費とは文字通り子供が成人するまでの間、親として養うための費用であり、親にはその義務があります。

通常、離婚をする原因を作った側が養育費を支払い、受け取る側が親権を持つことになりますが、妻について行くという子供を無理やり引き留めることができなければ、離婚した原因を作られた上に、子供も連れていかれてしまうことになってしまいますが、子供の選択だけにどうすることもできません。

夫としては結婚生活を破綻させた妻にどれだけ腹が立っても、父親として子供を養う義務は残されます。つまり、離婚する要因となった浮気を妻にされても、子供の養育費を払う必要は発生するわけです。

金額は互いに話し合って決めることになる


養育費の支払いを行う際に、絶対にしてはいけないのが口約束です。
少数派ではあるものの、もし妻に稼ぎがある場合、妻から養育費を受け取る夫というケースもあります。その場合、養育費の支払いを滞らせないために、養育費の金額や支払う期間などを明記した公正証書という文書を作成します。

夫としては憤懣やるかたない思いでしょうが、経済能力のない妻と離婚することになった際、子供が妻について行く場合に支払う養育費は、その金額と期間をしっかり決めておかないと、経済力のなからもっと多くの養育費をせがまれるといったことが無きにしも非ずです。

親権がどちらにゆだねられるかによって、公正証書には子供と会う権利についても細かく記載されることになります。公正証書を作成しておくことにより、もし養育費の支払いがされなくなった場合、財産の差し押さえなどの法的手続きが取れるようになりますので、くれぐれもきちんとした書類を作っておくことが大事です。

養育費は子供のために支払うお金


妻の浮気が原因だとしても、子供に責任はありません。そのため、夫婦二人で話し合って、今後の子供の生活をどうしていくかを話し合うことが大事です。

離婚をするに当たっては、裁判所に持ち込むという方法もありますが、9割の夫婦が協議離婚、つまり話し合って離婚をする決断をしています。その際、弁護士が間に入り、今後の生活や子供の進学にかかる費用などを、経済力のある夫側を中心としていくら出すかということを決めていきます。

夫としては、離婚の原因を作ったのは妻側にあるという気持ちがあるとしても、子供を育てる義務は双方にあることから、経済力のある方がより多くの養育費を払うことになるのは致し方ないと言えます。

養育費を決めて離婚する割合はさらに減る



協議離婚を選ぶ割合が9割と多いのに対し、話し合いの場で養育費についての取り決めをしっかり行う夫婦は3割にも満たないという数字も出ています。

交渉が面倒だったり、もう会いたくないという気持ちが強いことが、話し合いを早く終わらせようとする原因ですが、後になってから金額でもめないためにも、しっかり決めておくことが夫として最後にしておくべき大事なことと言えます。

まとめ


離婚する原因を妻が作ったにもかかわらず、経済力があるという理由で子供の養育費を払うということになれば、夫としては納得がいかないのも無理はありません。しかしながら子供は二人の子であることに変わりないことから、経済力のある方が養うということになるのがほとんどなのが実情です。

よくある質問

浮気調査のケースによって様々ですが、1週間程度がほとんどです。パートナーの行動パターンや特定の状態把握で日数を短縮することができます。

普段どおりに接することが重要です。警戒心を抱かせないようにすることが大事です。

浮気調査後に復縁された夫婦は全体の77%とも言われています。夫婦関係の修復をお考えの際は、調査後に専門の夫婦カウンセラーを紹介してくれる探偵社もありますので調査依頼前にその点も合わせて確認することをお勧めしています。

調査費用の相場は、探偵社によって様々です。調査料金が変動するポイントは、調査にどの程度の日数が必要になるかという調査時間です。調査内容に則して追加料金が掛かるケースもあります。調査費用が安くても、1度の調査で証拠が得られず、複数回の調査が必要となった結果、他社よりも調査費用が高額になってしまう場合も。2〜3社の探偵社に相談の上、調査費用の内訳など事前見積もりで解消してから依頼を行いましょう。

優良探偵事務所ではプライバシーポリシーを掲げており、個人情報の取り扱いを慎重に行っています。匿名で相談することも可能です。信用のおける探偵事務所を選ぶことが何よりも大切です。

主に尾行での調査を行い、証拠となる写真や動画を撮影します。依頼者の生活環境にある交通手段を駆使して調査を行います。浮気の証拠として裁判で認められるには、肉体関係があったことを示唆する状況を証明する必要があるため施設内に入り込んでの証拠撮影などを行う探偵社もあります。

本来あってはならない事ですがここ数年は、探偵とは名ばかりの悪徳業者も急増しており、過去5年間で消費者センターへの相談は約2.4倍にも膨れ上がりました。探偵業者を選ぶ時は、届出番号を確認し優良探偵業者を探す必要があります。「調査の杜」では優良探偵業者をランキングにしてご紹介させて頂いております。

まずは信頼できる探偵社を見極めることが重要です。しかし、各探偵事務所の公式サイトだけで、信頼のできる探偵社かどうかを判断することは難しく、メールで連絡した後、無料相談の電話を掛け、話し方や提案内容、総額の費用など、細かく聞いてみることが一番です。

Load More



エースリサーチ探偵事務所は首都圏を中心にパートナーの浮気調査を専門に行っている探偵社です。業界にありがちな不透明な価格をすべて排除し、どんな浮気調査でも明確な価格で調査を行っています。最初から幾らかかるのかを全てお見積りでお客様にお出しする総費用提示方式の完全前払い制で調査費用をいただいています。
評価
料金体系 調査員調査時間8.000円(税別)x調査日数
8000円の単価の中には一般的な調査にかかる電車賃・バス賃・タクシー代・高速代・ガソリン代・車輌代・通信費・報告書作成・撮影料の他、GPS利用料等も含まれています。


ALG探偵社は、法律事務所と同フロアですので浮気調査後、不倫慰謝料請求など法律相談を必要とされる方の法律無料相談の手配もスムーズです。誰にも知られたくない事だからこそ!安心できる探偵社へ 全国8拠点!所属弁護士50名以上の大規模弁護士法人が運営する探偵社にお任せください。
評価
料金体系 6.000円(調査員1名・1時間)
調査完了後にお渡しする調査報告書、証拠写真、証拠映像(DVD)その他の証拠類など、すべて無料で作成し、お客様にお渡ししております。


リッツ横浜探偵社は浮気調査に強い横浜の探偵事務所です。 代表の山村は浮気調査の専門家としてメディア出演多数。 調査歴10年以上の探偵が最新機材を駆使し最短5時間で悩みを解決。 調査終了後はJDAP認定夫婦カウンセラーが夫婦修復や離婚に向けて 最後までしっかりとサポート。
評価
料金体系 5時間 58.000円(税抜き)
相談・調査・報告書・アフターフォロー、全て込みの金額となります。


響・Agentは全国3箇所(東京・大阪・福岡)に拠点を構えている弁護士法人・響の代表弁護士西川が代表を務める探偵社になります。高額な料金請求や不正な調査などが多いこの業界を少しでも透明性高くみなさまがご利用しやすいように。と設立させて頂きました。気になることがありましたら気軽にご相談くださいませ。
評価
料金 調査員1名が調査した1時間の費用+車両・機材費用+調査中の経費(電車・ガソリン代・高速道路料金など)


浮気調査・人探し・ストーカー対策・いじめ調査など探偵業務を42年の実績 日本全国規模のネットワークと抜群の調査力、経験豊富な人間力で、お客様お 一人お一人のご事情に合わせて悩み解決のためにお手伝いいたします。積み重ねてきた実績と独自の調査力、 経験豊かな調査員が確かな技術と心であなたをサポートいたします。
評価
料金体系 12.000円(調査員1名・1時間)
調査日程、調査時間、調査員の人数などご依頼者様と打ち合わせをし緒軽費を含む総調査費をご提示させて頂きますのでご契約以外の高額な経費の水増しや付加料金がかかることはございません。

関連記事

  1. 浮気について調べたら凄かった統計!

  2. 張り込み捜査の費用の目安は1時間当たりの単価です

  3. 男女ともにある不倫願望と実際に不倫をする人の特徴とは

  4. 不倫をした男性が妻から離婚を申し立てられたら

  5. 浮気をする男女の特徴や傾向とは?

  6. 50代男性の不倫はなぜ増えているのかという疑問