不倫をした男性が妻から離婚を申し立てられたら

不倫をした男性が妻から離婚を申し立てられたケースでは、多くのケースで妻はマイホームや家財道具などの財産の半分を要求するでしょう。

あるいは夫に家を出ていくように求めることもあります。しかしマイホームや家財道具は夫婦の共有の財産ですから、不倫をされたといっても妻が一方的に全部を取ることは厳しいと言えます。

不倫をされた妻が家などの半分を請求したケースですとほとんど認められるので、たとえば自宅であれば、ふたつに割ることは不可能ですから売却してお金に換え分けるのが一般的でしょう。預貯金についても、仮に奥さんが専業主婦だったとしても妻が家を守っていたからこそ仕事をしてこられたとされるので妻にも 支払われることとなります。

加えて、結婚生活の破綻を招いたとしてその原因を作った責任と妻に精神的苦痛を与えたことに対する慰謝料が当然請求されます。子供がいる場合は、親権は妻が得るのが普通で妻だけではなく子供も手放すこととなります。

関連記事

  1. 冷静さを失わずに論理的に考えて行動を

  2. 金銭的な負担を抑える相談方法があります

  3. 夫も憎いが浮気相手はもっと憎いのが本音

  4. 不倫をするには何にいくらくらいのお金がかかるのかという疑問

  5. 裁判で使える不貞行為の証拠を入手する方法

  6. 法律で不倫がどのような扱い?