一時の快楽に溺れた代償はあまりにも大きい

不倫関係にあって行う性行為というのは、健全な婚姻関係にある男女が性行為に及ぶよりもはるかに興奮するという特徴があります。そのため、より激しい性的刺激を求めて、どんどん深みにはまっていってしまうのが、不倫行為が後を絶たない一番の理由だと考えられます。

これは、本来はしてはいけないことをしているという背徳感が、スリルや興奮材料になってしまうためです。昔話の「鶴の恩返し」ではありませんが、してはいけません、見てはいけませんと言われれば言われるほど、したくなり、見てしまうというのが人間の心理です。

本当は結婚して、ちゃんとしたパートナーがいるのですから、結婚相手以外の異性と肉体関係を持つことはしてはならない行為です。けれど、してはならないと思えば思うほど、相手を求める気持ちは強くなります。

さらに不倫関係から抜け出せない要因として、相手のことを好きだという心理がある場合はもちろんのこと、相手のことは特に好きではなくても、体の相性が抜群によくて離れられないという、厄介な面があることです。

精神的に相手のことが好きという場合よりも、体の相性がよすぎてやめられない場合のほうが、関係を絶つのは難しいといえるでしょう。体が感じる気持ちよさから、お互いが求め合ってしまうからです。

不倫がばれた時


パートナーにばれないようにしようと注意していても、不倫というのはばれてしまうものです。本人にやましいと感じる気持ちがあると、それがどうしても言動に出てきてしまうからです。
そうなると、これまではそんなことなかったのになんだかおかしいということになり、より注意深く見ていると、どうも不倫をしていそうだということが分かってきます。

こうなったら、自分ではばれていないつもりでも、相手は素知らぬ顔で証拠探しを始めるでしょう。もしかしたら、探偵社や興信所に頼んで浮気調査をしているかもしれません。

そして、ある日突然、不倫をしている事実を決定的証拠とともに突き付けられ、反論の余地がなくなったところでようやく不倫を認めることになります。不倫をしていたことが分かった以上、離婚の申し立てをする権利は不倫された側にあります。

不貞行為を働いて婚姻生活を破綻に追い込んだ責任のある側には、法律において離婚を申し立てる権利をはく奪されるからです。

パートナーの決断いかんによって、婚姻生活に終止符を打つことになるのか、それとも何らかの条件を付けることによって婚姻関係を継続していくかのどちらになるかを選ぶ権利は、不倫をした側にはないことを知っておく必要があります。

男性が不倫をした場合に払う代償


男性が不倫をし、妻に離婚を要求された場合、ほとんどの女性が家や家財道具の半分を要求します。
もしかすると夫に対して家を出るように求めるかもしれませんが、家や家財道具は夫婦の共有の持ち物であるため、一方的に妻が全てを自分のものとして手に入れることは難しいといえます。

ただ、半分を要求された場合にはほとんど認められますので、家を半分に割って住むことができない以上、売り払って現金に換えて支払うことになります。

現預金についても、たとえ妻が専業主婦であったとしても、妻が家を守ってくれていたおかげで仕事に専念できたとみなされるため、現預金のいくらかは妻に行くことになるでしょう。

さらに、婚姻関係を破綻させる要因を作った責任と、精神的苦痛を与えられたとして、慰謝料の請求がされるのは明らかです。

子供がいれば、おそらく妻が親権を得るでしょうし、子供本人も母親について行く可能性が高いでしょう。
父親の不倫について子供がどう考えるかは分かりませんが、母親が泣いている姿を見れば、子供としては母親の側につくのが自然と考えられることから、夫として妻を失うだけでなく、父親として子供をも失うことになります。

女性の場合はもっと深刻に


不倫をしたのが女性の方だった場合には、男性の時よりもはるかに困難な状況が待ち構えているといっていいでしょう。
専業主婦や、パートで働いていたという女性であれば、慰謝料を払う能力がないことから慰謝料を払うようにとの要求は退けられるか、そもそも夫側が支払い能力がないことが分かっているので最初から請求しないことも多くあります。
とは言え、離婚となれば間違いなく家から追い出され、その際に夫からお金をもらうこともできないでしょう。

子供が母親について行くといえば、子供の意思を尊重するかもしれませんが、親権を争うとなれば夫が勝つのは間違いなく、夫が子供を手放さなければ、お腹を痛めて生んだわが子を失ってしまいます。
住むところもなく、お金もなく、子供さえも失ってしまったら、おそらく生きていることの意味すらなくなってしまうことでしょう。

まとめ


不倫をした結果、その後に待つ過酷な状況を招く根本的な原因は、体の相性が良すぎて離れられないという一時の快楽に溺れたためです。快楽のために払うことになる犠牲は、あまりにも大きいと言わざるを得ません。

よくある質問

浮気調査のケースによって様々ですが、1週間程度がほとんどです。パートナーの行動パターンや特定の状態把握で日数を短縮することができます。

普段どおりに接することが重要です。警戒心を抱かせないようにすることが大事です。

浮気調査後に復縁された夫婦は全体の77%とも言われています。夫婦関係の修復をお考えの際は、調査後に専門の夫婦カウンセラーを紹介してくれる探偵社もありますので調査依頼前にその点も合わせて確認することをお勧めしています。

調査費用の相場は、探偵社によって様々です。調査料金が変動するポイントは、調査にどの程度の日数が必要になるかという調査時間です。調査内容に則して追加料金が掛かるケースもあります。調査費用が安くても、1度の調査で証拠が得られず、複数回の調査が必要となった結果、他社よりも調査費用が高額になってしまう場合も。2〜3社の探偵社に相談の上、調査費用の内訳など事前見積もりで解消してから依頼を行いましょう。

優良探偵事務所ではプライバシーポリシーを掲げており、個人情報の取り扱いを慎重に行っています。匿名で相談することも可能です。信用のおける探偵事務所を選ぶことが何よりも大切です。

主に尾行での調査を行い、証拠となる写真や動画を撮影します。依頼者の生活環境にある交通手段を駆使して調査を行います。浮気の証拠として裁判で認められるには、肉体関係があったことを示唆する状況を証明する必要があるため施設内に入り込んでの証拠撮影などを行う探偵社もあります。

本来あってはならない事ですがここ数年は、探偵とは名ばかりの悪徳業者も急増しており、過去5年間で消費者センターへの相談は約2.4倍にも膨れ上がりました。探偵業者を選ぶ時は、届出番号を確認し優良探偵業者を探す必要があります。「調査の杜」では優良探偵業者をランキングにしてご紹介させて頂いております。

まずは信頼できる探偵社を見極めることが重要です。しかし、各探偵事務所の公式サイトだけで、信頼のできる探偵社かどうかを判断することは難しく、メールで連絡した後、無料相談の電話を掛け、話し方や提案内容、総額の費用など、細かく聞いてみることが一番です。

Load More



エースリサーチ探偵事務所は首都圏を中心にパートナーの浮気調査を専門に行っている探偵社です。業界にありがちな不透明な価格をすべて排除し、どんな浮気調査でも明確な価格で調査を行っています。最初から幾らかかるのかを全てお見積りでお客様にお出しする総費用提示方式の完全前払い制で調査費用をいただいています。
評価
料金体系 調査員調査時間8.000円(税別)x調査日数
8000円の単価の中には一般的な調査にかかる電車賃・バス賃・タクシー代・高速代・ガソリン代・車輌代・通信費・報告書作成・撮影料の他、GPS利用料等も含まれています。


ALG探偵社は、法律事務所と同フロアですので浮気調査後、不倫慰謝料請求など法律相談を必要とされる方の法律無料相談の手配もスムーズです。誰にも知られたくない事だからこそ!安心できる探偵社へ 全国8拠点!所属弁護士50名以上の大規模弁護士法人が運営する探偵社にお任せください。
評価
料金体系 6.000円(調査員1名・1時間)
調査完了後にお渡しする調査報告書、証拠写真、証拠映像(DVD)その他の証拠類など、すべて無料で作成し、お客様にお渡ししております。


リッツ横浜探偵社は浮気調査に強い横浜の探偵事務所です。 代表の山村は浮気調査の専門家としてメディア出演多数。 調査歴10年以上の探偵が最新機材を駆使し最短5時間で悩みを解決。 調査終了後はJDAP認定夫婦カウンセラーが夫婦修復や離婚に向けて 最後までしっかりとサポート。
評価
料金体系 5時間 58.000円(税抜き)
相談・調査・報告書・アフターフォロー、全て込みの金額となります。


響・Agentは全国3箇所(東京・大阪・福岡)に拠点を構えている弁護士法人・響の代表弁護士西川が代表を務める探偵社になります。高額な料金請求や不正な調査などが多いこの業界を少しでも透明性高くみなさまがご利用しやすいように。と設立させて頂きました。気になることがありましたら気軽にご相談くださいませ。
評価
料金 調査員1名が調査した1時間の費用+車両・機材費用+調査中の経費(電車・ガソリン代・高速道路料金など)


浮気調査・人探し・ストーカー対策・いじめ調査など探偵業務を42年の実績 日本全国規模のネットワークと抜群の調査力、経験豊富な人間力で、お客様お 一人お一人のご事情に合わせて悩み解決のためにお手伝いいたします。積み重ねてきた実績と独自の調査力、 経験豊かな調査員が確かな技術と心であなたをサポートいたします。
評価
料金体系 12.000円(調査員1名・1時間)
調査日程、調査時間、調査員の人数などご依頼者様と打ち合わせをし緒軽費を含む総調査費をご提示させて頂きますのでご契約以外の高額な経費の水増しや付加料金がかかることはございません。

関連記事

  1. 浮気されたら別居で冷静さを取り戻す

  2. はからずも浮気現場に遭遇してしまったら

  3. 妻の浮気が離婚の原因となった場合に納得いかない事は

  4. 浮気、不倫が原因で離婚する場合、いくら慰謝料を払うべきなの?

  5. 浮気調査が慰謝料請求と離婚という目的なら

  6. 弱い立場の妻は常に切り札を持っておこう