一人で浮気調査を行う際には違法性や証拠の集め方に注意する

パートナーが浮気をしている可能性があるので、自分で浮気調査を行ってみようと考えている方々は、まずは違法性のない調査を行うことを心がけてください。

いつもパートナーが使っているメールサービスなどに、勝手にログインしてメールの中身を見てしまうと、不正アクセス禁止法に触れてしまう可能性があります。

不正アクセス禁止法は一年以下の懲役か、50万円以下の罰金を支払うことになってしまいますから、家族だろうとメールサービスに勝手にログインするのは危険です。

勝手にロックを解除するのは違法か確認する


スマートフォンのロックを解除して、怪しいメールや写真がないか確認しようとする行為も、違法行為になってしまう場合があります。

パートナーのスマートフォンのロックを解除するために、ロック解除ソフトを勝手にインストールすると、不正指令電磁的記録供用罪が適用されることになりかねません。

不正指令電磁的記録供用罪は3年以下の懲役か、50万円以下の罰金が科される可能性があるので、スマートフォンを使った情報収集のやり方にも注意が必要です。

証拠集めをするにもリスクは付きまといます


パートナーの行動を監視するつもりで、自動車などで後ろからパートナーを尾行しようとする際には、車が近付きすぎないように注意をしてください。
見覚えのあるカラーデザインをした車や、覚えやすいナンバープレートを装着した車が何度も近付いていると、尾行していることが即座にバレる場合もあります。

浮気調査のプロであれば、尾行していることがバレないように定期的に尾行用の車を交換したりと、常に細心の注意を払っています。レンタカーなどを利用してパートナーを尾行する際には、レンタカーを借りるたびに違うデザインの車を選ぶようにしてください。

レシートの情報は細かいところまで確認する


パートナーの部屋の中にゴミ箱が置かれている場合は、そのゴミの中にレシートが含まれていないか確認することを推奨します。レシートの情報は浮気の証拠になる場合もあり、使った覚えのないコンドームなどの名前がレシートに記載されていたら、浮気をしているかもしれないと考えてください。

そのレシートに記載されているショップの住所を確認しておくと、本来であれば通りがかるはずもないよう場所まで、パートナーが移動していたことが分かる可能性もあります。
コンビニやドラッグストアなどのレシートの情報を集めているうちに、浮気相手がどのエリアに住んでいるのか、判別できたという例も珍しくありません。

浮気現場を特定することでも立場は有利になる


いつかは浮気調査のプロを頼るつもりでいるけれど、まずは自分で調べられる範囲を調査しておきたいという人は、調査範囲を広げすぎないよう注意が必要です。パートナーの行動を追跡しているうちに、この場所で浮気をしている可能性があると思えるような、怪しい場所を発見できる場合もあります。

しかし浮気現場と思えるような場所が見つかっても、肝心の浮気の証拠自体が見つからなくて困ってしまうことも珍しくありません。そんな状態に陥ってしまった際には、浮気現場と思われる場所を探偵に見張ってもらい、浮気の証拠をつかんでほしいと依頼してみることを推奨します。

すでに怪しい場所を絞り込めているからこそ、驚くほどに短い時間で浮気の証拠が見つかる可能性は高いです。調査にかかる時間を減らせた分だけ、離婚が成立するまでの期間も短縮できますし、浮気調査の費用を節約することにもつながります。

慰謝料請求で本当に有利になるのか考えながら証拠を集める


浮気調査を何度も行ってきたプロは、本当に浮気相手が一人なのか確認するような作業も行います。しかし一人で浮気調査を行っている方々は、浮気の証拠が一つでも見つかれば、その証拠を相手に突きつけるべきだと考えてしまいがちです。本来であればさらに多くの証拠を集めることができて、慰謝料請求で多くの金額を請求できた可能性も忘れてはいけません。

どこまで粘り強く調査を続けるべきなのか考えるためにも、ある程度は証拠が集まった段階で、法律家や探偵に相談をする必要があると意識してください。浮気の証拠が見つかった直後に、その証拠をパートナーに突きつけるということは、他の浮気の証拠を隠すチャンスを相手に与えることになりかねないためです。

まとめ


一人で浮気調査を行う際の注意点をいくつか紹介してきましたが、すべてに共通して言えるのは注意力が必要だという点です。パートナーの浮気調査を行っているうちに、次々と証拠が見つかるので、自分には浮気調査の才能があると感じてしまう人も大勢います。

しかし違法なことを行わずに調査を続けることや、パートナーにバレないように調査を続けるのは、素人では難しい部分も多いです。この先も自分一人で調査を続けられると考えず、どのタイミングで浮気調査のプロを頼るべきか考えてください。

よくある質問

浮気調査のケースによって様々ですが、1週間程度がほとんどです。パートナーの行動パターンや特定の状態把握で日数を短縮することができます。

普段どおりに接することが重要です。警戒心を抱かせないようにすることが大事です。

浮気調査後に復縁された夫婦は全体の77%とも言われています。夫婦関係の修復をお考えの際は、調査後に専門の夫婦カウンセラーを紹介してくれる探偵社もありますので調査依頼前にその点も合わせて確認することをお勧めしています。

調査費用の相場は、探偵社によって様々です。調査料金が変動するポイントは、調査にどの程度の日数が必要になるかという調査時間です。調査内容に則して追加料金が掛かるケースもあります。調査費用が安くても、1度の調査で証拠が得られず、複数回の調査が必要となった結果、他社よりも調査費用が高額になってしまう場合も。2〜3社の探偵社に相談の上、調査費用の内訳など事前見積もりで解消してから依頼を行いましょう。

優良探偵事務所ではプライバシーポリシーを掲げており、個人情報の取り扱いを慎重に行っています。匿名で相談することも可能です。信用のおける探偵事務所を選ぶことが何よりも大切です。

主に尾行での調査を行い、証拠となる写真や動画を撮影します。依頼者の生活環境にある交通手段を駆使して調査を行います。浮気の証拠として裁判で認められるには、肉体関係があったことを示唆する状況を証明する必要があるため施設内に入り込んでの証拠撮影などを行う探偵社もあります。

本来あってはならない事ですがここ数年は、探偵とは名ばかりの悪徳業者も急増しており、過去5年間で消費者センターへの相談は約2.4倍にも膨れ上がりました。探偵業者を選ぶ時は、届出番号を確認し優良探偵業者を探す必要があります。「調査の杜」では優良探偵業者をランキングにしてご紹介させて頂いております。

まずは信頼できる探偵社を見極めることが重要です。しかし、各探偵事務所の公式サイトだけで、信頼のできる探偵社かどうかを判断することは難しく、メールで連絡した後、無料相談の電話を掛け、話し方や提案内容、総額の費用など、細かく聞いてみることが一番です。

Load More



エースリサーチ探偵事務所は首都圏を中心にパートナーの浮気調査を専門に行っている探偵社です。業界にありがちな不透明な価格をすべて排除し、どんな浮気調査でも明確な価格で調査を行っています。最初から幾らかかるのかを全てお見積りでお客様にお出しする総費用提示方式の完全前払い制で調査費用をいただいています。
評価
料金体系 調査員調査時間8.000円(税別)x調査日数
8000円の単価の中には一般的な調査にかかる電車賃・バス賃・タクシー代・高速代・ガソリン代・車輌代・通信費・報告書作成・撮影料の他、GPS利用料等も含まれています。


ALG探偵社は、法律事務所と同フロアですので浮気調査後、不倫慰謝料請求など法律相談を必要とされる方の法律無料相談の手配もスムーズです。誰にも知られたくない事だからこそ!安心できる探偵社へ 全国8拠点!所属弁護士50名以上の大規模弁護士法人が運営する探偵社にお任せください。
評価
料金体系 6.000円(調査員1名・1時間)
調査完了後にお渡しする調査報告書、証拠写真、証拠映像(DVD)その他の証拠類など、すべて無料で作成し、お客様にお渡ししております。


リッツ横浜探偵社は浮気調査に強い横浜の探偵事務所です。 代表の山村は浮気調査の専門家としてメディア出演多数。 調査歴10年以上の探偵が最新機材を駆使し最短5時間で悩みを解決。 調査終了後はJDAP認定夫婦カウンセラーが夫婦修復や離婚に向けて 最後までしっかりとサポート。
評価
料金体系 5時間 58.000円(税抜き)
相談・調査・報告書・アフターフォロー、全て込みの金額となります。


響・Agentは全国3箇所(東京・大阪・福岡)に拠点を構えている弁護士法人・響の代表弁護士西川が代表を務める探偵社になります。高額な料金請求や不正な調査などが多いこの業界を少しでも透明性高くみなさまがご利用しやすいように。と設立させて頂きました。気になることがありましたら気軽にご相談くださいませ。
評価
料金 調査員1名が調査した1時間の費用+車両・機材費用+調査中の経費(電車・ガソリン代・高速道路料金など)


浮気調査・人探し・ストーカー対策・いじめ調査など探偵業務を42年の実績 日本全国規模のネットワークと抜群の調査力、経験豊富な人間力で、お客様お 一人お一人のご事情に合わせて悩み解決のためにお手伝いいたします。積み重ねてきた実績と独自の調査力、 経験豊かな調査員が確かな技術と心であなたをサポートいたします。
評価
料金体系 12.000円(調査員1名・1時間)
調査日程、調査時間、調査員の人数などご依頼者様と打ち合わせをし緒軽費を含む総調査費をご提示させて頂きますのでご契約以外の高額な経費の水増しや付加料金がかかることはございません。

関連記事

  1. 浮気のチェックは言葉と行動にギャップ

  2. 子どもたちのことを考えると離婚に踏み切れない

  3. 増えつつある成功報酬型プランを選ぶ時の注意点

  4. 浮気をする男女の特徴や傾向とは?

  5. やめられない不倫の理由とそこから抜け出すにはどうすべきか

  6. 浮気しやすい職業はコレ