東京・大阪・名古屋で旦那,妻,彼氏,彼女の浮気・不倫調査!格安で口コミがよい探偵事務所や興信所を紹介。探偵や興信所の口コミ・比較も簡単!

  1. 浮気について
  2. 87 view

はからずも浮気現場に遭遇してしまったら

浮気現場に遭遇してしまった時

信頼していたパートナーが見知らぬ異性といるところにはからずも遭遇し、浮気現場を目撃してしまったとしたら、頭が真っ白になり、何も考えられなくなると同時に、これは何かの間違いだと否定したい気持ちになるでしょう。

以前から浮気を疑っていたのであれば、間違いであって欲しいと思っていたことが現実となったことにショックを受けるでしょうし、浮気をしているなどとは思いもしていなかった場合には、目の前で起こっていることが俄には信じられないかもしれません。

けれど、どう見ても自分のパートナーに間違いないという時には、しかるべき対応をすることが大事です。ここで対応を誤ると、後々面倒なことになったり、予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあるからです。

まずはどうすべきか浮気現場に遭遇し、まともに働かない頭がようやく動き始めたら、最初にしなければならないのは、気持ちを落ち着けて冷静になることです。浮気を疑っていた場合なら、目の前で浮気をしている現場を突き付けられた時は、やはりそうだったのかという気持ちから、怒りの感情が強くわいてきます。

浮気をしてるなどとは思いもしていなかったのであれば、ショックとともに不安や焦りといった気持ちから、裏切られたという思いに関連して悲しみや怒りもわいてくるはずです。
こうなると、もはや通常の精神状態ではありませんので、いきなり現場に飛び出して行ってわめいたり、相手に殴りかかったりといった衝動的な行動を起こすことにもなりかねません。

けれど、浮気現場を目撃した場合、感情に任せていきなり飛び出していくのは一番してはいけないことです。難しいとはいえ、深呼吸をして落ち着き、とにかく冷静になろうと努めることが最も重要と言えます。

落ち着いてから行動を起こそう

目の前の光景が信じられない、信じたくないと思っても、実際にパートナーは見知らぬ異性といて、しかも明らかに親密な関係にあることはパートナーだからこそ分かるでしょう。

とは言え、その場に飛び出して行っても、偶然会った昔の友達などと言い逃れされたら、それ以上追求することは不可能です。
また、配偶者に見つかったことで浮気をやめるかといえば決してそうではなく、むしろこれまでよりも厳重に注意して会おうとします。

そうなると、浮気をしているという決定的な証拠を掴むことが難しくなりますので、ここはぐっとこらえて、落ち着いて成り行きを見守ることが大事なのです。

落ち着いたらすべきことは、浮気をしているという証拠を押さえることです。


二人で腕を組んで歩いていたとしても、浮気の決定的証拠とはなりません。
昔付き合っていた二人が偶然出会って、なつかしさのあまり思わず腕を組んでしまうということはあり得るからです。浮気をしていることを証明する決定的証拠としては、ホテルに二人で入っていく瞬間と、出てきた瞬間の写真を撮ることです。

できれば客観的事実として、時間が記録されていることが望ましいでしょう。不倫関係にある男女がホテルに入ったとなればすることは一つで、ある程度の時間がかかります。それを否定できない時間という記録が残されていると、浮気を証明する強力な証拠となります。

決定的証拠を掴んだら

例えば、夫の出張中に妻が愛人を家に連れ込んで逢瀬を重ねるといったこともあります。
仕事が早く終わって帰ってきた夫が、ベッドの中で睦まじく行為に及んでいる妻と愛人を見たら、激怒しない方がおかしいですが、この場合もすぐさまスマートフォンなどを取り出して写真を撮るか、録画を行うのが先決です。

二人で裸でベッドの中にいるということは、動かぬ証拠となりますし、言い逃れはまず不可能な証拠になります。女性の場合は、浮気をしている夫が家に愛人を連れ込むということはほぼ考えられないこともあって、浮気現場を押さえるために尾行し、写真を撮る機会を狙うことになります。

気を付けて行動を観察していると、大体同じ曜日の同じ時間に出掛けていくといったことが分かってきますので、跡をつけて写真を撮るなどして証拠を集めることになるでしょう。

もし、浮気現場を撮影したり、動画で録画することに成功した場合、見つかって逆上した夫が暴力をふるう可能性も否定できません。そのため、決定的証拠を掴めると確信して行動する場合には、信頼できる家族や友人にお願いし、一緒に来てもらうことが重要です。

もし夫や浮気相手が逆上して暴れた場合には仲裁に入ってもらうと同時に、これほど逆上するということは、明らかに浮気をしていたからだと断定できる証人にもなってもらえます。

浮気現場を目撃した側が冷静でいられなくなるのと同じで、浮気をしている証拠を押さえようとしている配偶者を見つけた浮気をしていた側も、知った瞬間に逆上したり、怒りに目がくらんだりと普通の精神状態ではいられなくなります。

そのため、浮気現場に遭遇した時は冷静に判断できなくなるということを念頭に置いて対応策を考えておくことが、考えたくはないものの、平常心でいる時に考えておくべきことです。

浮気についての最近記事

  1. 浮気について調べたら凄かった統計!

  2. 男女でここまで違う浮気の境界線ランキング

  3. 冷静さを失わずに論理的に考えて行動を

  4. パートナーの浮気に悩む方にオススメ

  5. 浮気をする男女の特徴や傾向とは?

関連記事

PAGE TOP